P r o d u c t s

Nishikawashouroku Shouten – Total direction

Establishment 1585, Nishikawa Shouroku Shouten (the name of shop) orginated from Azuchi Momoyama period and handled execellent items pruduced in Japan at Edo(Tokyo) and Naniwa(Osaka) as Oumi Marchant. At present Nishikawa Shouroku shop marchandises same execellent items matching Japanese tradition

Nishikawashouroku Shouten – Total direction

Establishment 1585, Nishikawa Shouroku Shouten (the name of shop) orginated from Azuchi Momoyama period and handled execellent items pruduced in Japan at Edo(Tokyo) and Naniwa(Osaka) as Oumi Marchant. At present Nishikawa Shouroku shop marchandises same execellent items matching Japanese tradition

RECYCLE STANDARD 1st Collection Debut – Products

“日常で使うもの=「スタンダード」をひとつづつリサイクル製品へ” 廃材を原材料に戻す従来のリサイクルから視点を変え、 廃材や行き場のない素材をそのまま資材として製品にします。 それぞれのアイテムのデザインはストックされ、様々な廃材に対応するフォーマットとなって 身の回りのものを一つづつリサイクル品に変えていきます。 まずはじめに工場の建築資材として使用されていたターポリン端材。 ※このシリーズは、おかげ様で完売致しました。

RECYCLE STANDARD 1st Collection Debut – Products

“日常で使うもの=「スタンダード」をひとつづつリサイクル製品へ” 廃材を原材料に戻す従来のリサイクルから視点を変え、 廃材や行き場のない素材をそのまま資材として製品にします。 それぞれのアイテムのデザインはストックされ、様々な廃材に対応するフォーマットとなって 身の回りのものを一つづつリサイクル品に変えていきます。 まずはじめに工場の建築資材として使用されていたターポリン端材。 ※このシリーズは、おかげ様で完売致しました。

H&M – Special Shopper and Novelty Design

H&M の関西新店3店舗オープンの記念のスペシャルショッパーとノベルティのデザイン。 人々がH&Mのファッションを取り入れてファッションと同化するイメージを、 H&Mのロゴが顔の一部になっているグラフィックで表現した。 表裏面をそれぞれ男女の顔のデザインとし、 持ち手もそれと同調するように赤と黒に両サイドのカラーも赤と黒にした。 また、3店舗でそれぞれ違う男女のグラフィックを用意。 様々な地域、人種の間でH&Mが広がって行く様を表した。      

H&M – Special Shopper and Novelty Design

H&M の関西新店3店舗オープンの記念のスペシャルショッパーとノベルティのデザイン。 人々がH&Mのファッションを取り入れてファッションと同化するイメージを、 H&Mのロゴが顔の一部になっているグラフィックで表現した。 表裏面をそれぞれ男女の顔のデザインとし、 持ち手もそれと同調するように赤と黒に両サイドのカラーも赤と黒にした。 また、3店舗でそれぞれ違う男女のグラフィックを用意。 様々な地域、人種の間でH&Mが広がって行く様を表した。      

Garden Animal For NEWSED

佐藤利樹が、リサイクルブランド「NEWSED」の為にプロダクトをデザインしました。 「Garden Animal」 屋外広告の素材であるターポリンをリサイクルした、ぬいぐるみプランター。ターポポリンを利用する事で、屋外にも関わらず置いておけるぬいぐるみができました。布はランダムな組み合わせで作られるので、同じ物は1つとして出来ません。 野外で使用できる素材だからこそ、外で使用できるプロダクトをデザインする事に。そこでプラターに決定。折角、布状の素材なので、その特性を活かすことを考え、形状をぬいぐるみにしました。

Garden Animal For NEWSED

佐藤利樹が、リサイクルブランド「NEWSED」の為にプロダクトをデザインしました。 「Garden Animal」 屋外広告の素材であるターポリンをリサイクルした、ぬいぐるみプランター。ターポポリンを利用する事で、屋外にも関わらず置いておけるぬいぐるみができました。布はランダムな組み合わせで作られるので、同じ物は1つとして出来ません。 野外で使用できる素材だからこそ、外で使用できるプロダクトをデザインする事に。そこでプラターに決定。折角、布状の素材なので、その特性を活かすことを考え、形状をぬいぐるみにしました。

LFS – Original Design iPhone Case For nuan+

佐藤利樹がファッションECサイト「nuan+」のためにiPhoneケースをデザインしました。コンセプトは、「1900年代初頭にi phoeが存在したら?」。当時のポスターをイメージし、手書きプリントで魅せるユーモアラスな1点。限定販売。 <販売サイト> nuan+

LFS – Original Design iPhone Case For nuan+

佐藤利樹がファッションECサイト「nuan+」のためにiPhoneケースをデザインしました。コンセプトは、「1900年代初頭にi phoeが存在したら?」。当時のポスターをイメージし、手書きプリントで魅せるユーモアラスな1点。限定販売。 <販売サイト> nuan+

Chubu Electric Power Co.,Inc. Curling Team – Uniform Direction

中部電力のカーリングチームのユニフォームをディレクション。チームカラーである赤に、これまでのカーリングウエアにはなかったドットを加え差別化。

Chubu Electric Power Co.,Inc. Curling Team – Uniform Direction

中部電力のカーリングチームのユニフォームをディレクション。チームカラーである赤に、これまでのカーリングウエアにはなかったドットを加え差別化。

Chubu Electric Power Co.,Inc. Curling Team – Logo Emblem

中部電力カーリングチームのロゴマークを作成。移動時のウエアに付けられるようエンブレムを作成。

Chubu Electric Power Co.,Inc. Curling Team – Logo Emblem

中部電力カーリングチームのロゴマークを作成。移動時のウエアに付けられるようエンブレムを作成。

Cotton Nouveau 2011 – Organic Towel

本来のオーガニックコットンであること。 それは、より自然(ありのまま)に近いこと。 コットンは、工業製品ではなく植物。 毎年、その品質が均一であるはずがありません。 違いがあってこそ、本当のオーガニック。 『今までデメリットと考えられてきた繊細すぎる品質を個性と考え、 毎年、ワインのようにコットンの違いを楽しもう。 それが、新しいオーガニックの愉しみ方【コットンヌーボー】です。』 コットンヌーボーに関して詳しくは、池内タオル株式会社特設ページで。

Cotton Nouveau 2011 – Organic Towel

本来のオーガニックコットンであること。 それは、より自然(ありのまま)に近いこと。 コットンは、工業製品ではなく植物。 毎年、その品質が均一であるはずがありません。 違いがあってこそ、本当のオーガニック。 『今までデメリットと考えられてきた繊細すぎる品質を個性と考え、 毎年、ワインのようにコットンの違いを楽しもう。 それが、新しいオーガニックの愉しみ方【コットンヌーボー】です。』 コットンヌーボーに関して詳しくは、池内タオル株式会社特設ページで。

Honeymoon – Ann – Apron

まるで身体を包むワンピースのようなデザイン。 キレイなタック織りが特徴。 腰のグログランリボンが肩の負担を和らげます。 ネックホルダーは3段階に調節可能。。   HONEYMOON <ハネムーンホームページ http://www.hnymn.com > 佐藤利樹とレディースファッションブランド「dictionary」デザイナー冨田靖隆が、それぞれのフィールドを越え2010年スタートしたエプロンブランド 「ハネムーン」。 コンセプトは、「誰かに見せたくなる、着けたまま出かけたくなるエプロン」。 このエプロンを着けると、新婚旅行に行くように気分が高揚する。 そんなイメージがハネムーンという名前の由来。    

Honeymoon – Ann – Apron

まるで身体を包むワンピースのようなデザイン。 キレイなタック織りが特徴。 腰のグログランリボンが肩の負担を和らげます。 ネックホルダーは3段階に調節可能。。   HONEYMOON <ハネムーンホームページ http://www.hnymn.com > 佐藤利樹とレディースファッションブランド「dictionary」デザイナー冨田靖隆が、それぞれのフィールドを越え2010年スタートしたエプロンブランド 「ハネムーン」。 コンセプトは、「誰かに見せたくなる、着けたまま出かけたくなるエプロン」。 このエプロンを着けると、新婚旅行に行くように気分が高揚する。 そんなイメージがハネムーンという名前の由来。    

Flag Poncho -Colorless

国旗から色をなくして、並べてみよう。ほら、何だか世界が「Colorless」な一つの国になったみたい。「Colorless」という合い言葉を使ったプロジェクト。今回は旅プロダクツ。色のない国旗を着て旅に出る。時にルームウエア、アウター、ブランケット。そして、このポンチョは横に連結できるようになっている。恋人と繋がってくつろぐ。友達と繋がってキャンプ。家族で繋がってくるまる。それぞれの国旗を着てどんどん繋がろう。世界が一つになっていくように

Flag Poncho -Colorless

国旗から色をなくして、並べてみよう。ほら、何だか世界が「Colorless」な一つの国になったみたい。「Colorless」という合い言葉を使ったプロジェクト。今回は旅プロダクツ。色のない国旗を着て旅に出る。時にルームウエア、アウター、ブランケット。そして、このポンチョは横に連結できるようになっている。恋人と繋がってくつろぐ。友達と繋がってキャンプ。家族で繋がってくるまる。それぞれの国旗を着てどんどん繋がろう。世界が一つになっていくように

LFS – in the mirror world – Book Mirror

  その本を読んでいたら、いつの間にか、本の中の世界へ迷い込んでしまった。それから私は「こちらの私」と 「あちらの私」の二人に分かれたみたい。だって、本を開く度、鏡の国に迷い込んだ自分の姿がそこにあるんだもの。 この本型の鏡は、周りからは読書をしているかのように見える。 一目の気になる場所でも鏡をチェックできます。

LFS – in the mirror world – Book Mirror

  その本を読んでいたら、いつの間にか、本の中の世界へ迷い込んでしまった。それから私は「こちらの私」と 「あちらの私」の二人に分かれたみたい。だって、本を開く度、鏡の国に迷い込んだ自分の姿がそこにあるんだもの。 この本型の鏡は、周りからは読書をしているかのように見える。 一目の気になる場所でも鏡をチェックできます。

Honeymoon – Martine – Apron

「ハネムーン」のフラッグシップモデル「マーティーヌ」。 贅沢に生地を使った3段フリル。 身体にフィットする胸のダーツなどこだわりのパターン。 これまでにない服のようなエプロン。   HONEYMOON <ハネムーンホームページ http://www.hnymn.com > 佐藤利樹とレディースファッションブランド「dictionary」デザイナー冨田靖隆が、それぞれのフィールドを越え2010年スタートしたエプロンブランド 「ハネムーン」。 コンセプトは、「誰かに見せたくなる、着けたまま出かけたくなるエプロン」。 このエプロンを着けると、新婚旅行に行くように気分が高揚する。 そんなイメージがハネムーンという名前の由来。    

Honeymoon – Martine – Apron

「ハネムーン」のフラッグシップモデル「マーティーヌ」。 贅沢に生地を使った3段フリル。 身体にフィットする胸のダーツなどこだわりのパターン。 これまでにない服のようなエプロン。   HONEYMOON <ハネムーンホームページ http://www.hnymn.com > 佐藤利樹とレディースファッションブランド「dictionary」デザイナー冨田靖隆が、それぞれのフィールドを越え2010年スタートしたエプロンブランド 「ハネムーン」。 コンセプトは、「誰かに見せたくなる、着けたまま出かけたくなるエプロン」。 このエプロンを着けると、新婚旅行に行くように気分が高揚する。 そんなイメージがハネムーンという名前の由来。    

Honeymoon – Sylvie – Apron

ギャルソンタイプのエプロン。 巻きスカートのようなデザイン。 斜めにカットされたラインとドレープが特徴。     HONEYMOON <ハネムーンホームページ http://www.hnymn.com > 佐藤利樹とレディースファッションブランド「dictionary」デザイナー冨田靖隆が、それぞれのフィールドを越え2010年スタートしたエプロンブランド 「ハネムーン」。 コンセプトは、「誰かに見せたくなる、着けたまま出かけたくなるエプロン」。 このエプロンを着けると、新婚旅行に行くように気分が高揚する。 そんなイメージがハネムーンという名前の由来。      

Honeymoon – Sylvie – Apron

ギャルソンタイプのエプロン。 巻きスカートのようなデザイン。 斜めにカットされたラインとドレープが特徴。     HONEYMOON <ハネムーンホームページ http://www.hnymn.com > 佐藤利樹とレディースファッションブランド「dictionary」デザイナー冨田靖隆が、それぞれのフィールドを越え2010年スタートしたエプロンブランド 「ハネムーン」。 コンセプトは、「誰かに見せたくなる、着けたまま出かけたくなるエプロン」。 このエプロンを着けると、新婚旅行に行くように気分が高揚する。 そんなイメージがハネムーンという名前の由来。      

LFS – Bear Charger – USB Battery Charger

くまのカタチをしたUSB充電器。iPhone、iPod等に使用できます。 コンセントに頑張ってシガミツイて充電してくれます。 このクマ、実は左右非対称。 佐藤利樹自身が手作りで作成した型をそのまま使用しました。 「デジタルに少しでも温もりを」という佐藤利樹のこだわりです。

LFS – Bear Charger – USB Battery Charger

くまのカタチをしたUSB充電器。iPhone、iPod等に使用できます。 コンセントに頑張ってシガミツイて充電してくれます。 このクマ、実は左右非対称。 佐藤利樹自身が手作りで作成した型をそのまま使用しました。 「デジタルに少しでも温もりを」という佐藤利樹のこだわりです。

KDDI au “iida” – Chargy – Battery Charger + Case

ほとんどの携帯電話に充電器が付属している。その点を考慮し、もう一つ充電器を購入してもらうためには、外出時に携帯するためのデザインが効果的ではないか。 カバンの中でぐちゃぐちゃ絡み合う充電コード。それをキレイにまとめる商品はいくつもあるが、その行為自体を面倒と感じる。それならば、ぐちゃぐちゃのまま放り込めるデザインがよいのではないか。 この2点を踏まえデザインした。 「充電器を持ち運ぶという行為を視覚化できる」かつ「放り込める」という二つの点で、形状をトートバッグ型に決定。 また、トートに充電器を放り込めば、ある時はボディの真ん中に入ったスリットから出たコードが舌を出してるように見えたり、上からはみ出たコードがカーリーヘアに見えたり、適当=偶然性を活かした「ぐちゃぐちゃにした時に逆にかわいい」デザイン。

KDDI au “iida” – Chargy – Battery Charger + Case

ほとんどの携帯電話に充電器が付属している。その点を考慮し、もう一つ充電器を購入してもらうためには、外出時に携帯するためのデザインが効果的ではないか。 カバンの中でぐちゃぐちゃ絡み合う充電コード。それをキレイにまとめる商品はいくつもあるが、その行為自体を面倒と感じる。それならば、ぐちゃぐちゃのまま放り込めるデザインがよいのではないか。 この2点を踏まえデザインした。 「充電器を持ち運ぶという行為を視覚化できる」かつ「放り込める」という二つの点で、形状をトートバッグ型に決定。 また、トートに充電器を放り込めば、ある時はボディの真ん中に入ったスリットから出たコードが舌を出してるように見えたり、上からはみ出たコードがカーリーヘアに見えたり、適当=偶然性を活かした「ぐちゃぐちゃにした時に逆にかわいい」デザイン。

LFS – Pole Star Clock

    「なるべく時計に見えない時計が欲しい」そんな佐藤利樹の思いから、この時計はできました。まず、壁掛け時計は目線より高い場所に掛ける事が多い。それならば、目線より高い場所にあるものをイメージしてく作ればより自然なのではないか?そして、星のカタチが決まりました。次に時計というと凸が12必要である常識を疑いました。そこで凹も一つのポイントであることに気付き、世界でも珍しい6つの凸しかない形状が生み出されました。時計には12個の凸があるという既成概念を裏切る事により、オブジェに近い美しいカタチの時計が誕生しました。

LFS – Pole Star Clock

    「なるべく時計に見えない時計が欲しい」そんな佐藤利樹の思いから、この時計はできました。まず、壁掛け時計は目線より高い場所に掛ける事が多い。それならば、目線より高い場所にあるものをイメージしてく作ればより自然なのではないか?そして、星のカタチが決まりました。次に時計というと凸が12必要である常識を疑いました。そこで凹も一つのポイントであることに気付き、世界でも珍しい6つの凸しかない形状が生み出されました。時計には12個の凸があるという既成概念を裏切る事により、オブジェに近い美しいカタチの時計が誕生しました。

KDDI au – Another Works Exhibition

  ケータイ×ファッションに加えて、ケータイ×インテリア、ケータイ×アートといった幅広いコラボレーションを通じ、ケータイからはじまる創造的なプロダクトやライフスタイルを提案していく新しいプロジェクト「another work*s」。 「another work*s」は、auがケータイという枠を超えて、創造的で新しいプロダクト = ライフスタイルを提案していくプロジェクトです。国内外の個性あふれるブランドやアーティストの作品、または彼らとのコラボレーションにより生まれた作品がつくる ‘もうひとつ先のケータイライフ’ を提案します。

KDDI au – Another Works Exhibition

  ケータイ×ファッションに加えて、ケータイ×インテリア、ケータイ×アートといった幅広いコラボレーションを通じ、ケータイからはじまる創造的なプロダクトやライフスタイルを提案していく新しいプロジェクト「another work*s」。 「another work*s」は、auがケータイという枠を超えて、創造的で新しいプロダクト = ライフスタイルを提案していくプロジェクトです。国内外の個性あふれるブランドやアーティストの作品、または彼らとのコラボレーションにより生まれた作品がつくる ‘もうひとつ先のケータイライフ’ を提案します。

LFS – Close – Umbrella Stand

  1本用の傘立て。何故か不要な傘が増えてしまう。スペシャルな傘1本の為の傘立てを作りました。

LFS – Close – Umbrella Stand

  1本用の傘立て。何故か不要な傘が増えてしまう。スペシャルな傘1本の為の傘立てを作りました。

LFS – Amargo – Flower Vase

スカルのカタチをした花瓶です。 口の脇に穴があいているので、スカルがまるで花を加えているように見えます。 花を一輪挿すと斜め上を向くよう計算されています。 また、下の四角形の部分に水を溜められます。

LFS – Amargo – Flower Vase

スカルのカタチをした花瓶です。 口の脇に穴があいているので、スカルがまるで花を加えているように見えます。 花を一輪挿すと斜め上を向くよう計算されています。 また、下の四角形の部分に水を溜められます。

LFS – Framevase – Flower Vase

「ゴッホのひまわりのように本物の花も額に飾りたい」 そんな佐藤利樹の思いからデザインされた、額のカタチをした花瓶です。

LFS – Framevase – Flower Vase

「ゴッホのひまわりのように本物の花も額に飾りたい」 そんな佐藤利樹の思いからデザインされた、額のカタチをした花瓶です。

LFS – Bird Land – Objet

  グラス、花瓶、植木鉢など淵にとめられる鳥のオブジェ。

LFS – Bird Land – Objet

  グラス、花瓶、植木鉢など淵にとめられる鳥のオブジェ。

LFS – Silhouette Mirror

シルエット部分が鏡になっています。 カラーの部分はフロッキー。 シルエットのアンティーク感とフロッキーのポップ感が不思議とマッチしています。 立てかけ、壁掛け兼用です。  

LFS – Silhouette Mirror

シルエット部分が鏡になっています。 カラーの部分はフロッキー。 シルエットのアンティーク感とフロッキーのポップ感が不思議とマッチしています。 立てかけ、壁掛け兼用です。  

LFS – Ping Frame

「 フレーム + 画鋲 」 フレームで写真を直接とめられます。

LFS – Ping Frame

「 フレーム + 画鋲 」 フレームで写真を直接とめられます。

LFS – Copy Shade “Lace” – Lighting

    ファッションで多用される転写プリントを照明に転用。 レースをプリント。繊細なレースもプリントならば気軽にインテリアに取り入れられる。

LFS – Copy Shade “Lace” – Lighting

    ファッションで多用される転写プリントを照明に転用。 レースをプリント。繊細なレースもプリントならば気軽にインテリアに取り入れられる。